1. 地域

  2. 出雲

  3. 豊田

  4. 久米島

  5. 西表島

  6. 八女市

  1. 八女市

  2. 西表島

  3. 豊田

  4. 出雲

  5. 久米島

画伯ゆかりの地でインスピレーションを得よう!

坂本繁二郎ゆかりの散策を楽しみましょう♪

これであなたも坂本繁二郎博士!?

1.坂本繁二郎資料館

坂本繁二郎画伯の作品や遺品を展示。

市立図書館受付で申込めば無料見学が可能です。

休館日:月曜日

開館時間:10:00~18:00(水・木は、20:00まで)

駐車場:○

トイレ:○

2.坂本繁二郎像

八女公園内に、1961年11月3日に建立されました。

毎年11月3日には、坂本繁二郎画伯をたたえる帰居祭が寿像前で開催されます。

駐車場:×

トイレ:×

3. 坂本繁二郎筆塚

2001年に建立されました。

坂本繁二郎画伯は、1965年に祖霊を無量寿院に移し、1969年7月14日に87歳で亡くなります。

7月18日に無量寿院で密葬されました。

無量寿院は天平期に創立、慶長6年(1601年)に現在地に移転した浄土宗寺院です。

境内には、樹齢400年を超える天然記念物のケヤキや藤の古木があります。

花見の時期には、桜の花見客が訪れる人気エリアです。

駐車場:×

トイレ:×

4.坂本繁二郎旧邸

1931年(昭和6年)フランスから帰国後住んでいた久留米を離れます。

自宅を移居し、この地八女稲富に自宅を構えます。

駐車場:○

トイレ:×

5.坂本繁二郎アトリエ

1931年(昭和6年)八女市稲富に自宅を構えると、アトリエを八女市緒玉の畠地に建築します。

現存の建物は、1965年(昭和40年)建設の収蔵庫です。

アトリエは、久留米市石橋文化センターへ移築されています。

当敷地内に、坂本繁二郎画伯の歌碑があります。

駐車場:○

トイレ:×

6.田崎廣助美術館

同郷の画家、坂本繁二郎・青木繁の活躍に触発され画家の道を志します。

1920年(大正9年)に上京し安井曾太郎に師事し、1932年(昭和7年)渡欧の後帰国し山岳画家の地位を確立します。

1975年(昭和50年)文化勲章を受章し、1984年(昭和59年)に亡くなります。

駐車場:○

トイレ:○


Ha:mo予約方法

ご予約はこちらのボタンから!

予約する

コース名
坂本繁二郎ゆかりの道散策
料金
¥2,000.-(税別)時間超過に伴う追加料金は1000円/hです。
出発地
横町町屋交流館
コース経路
坂本繁二郎資料館 ➡️ 坂本繁二郎像 ➡️ 坂本繁二郎筆塚 ➡️ 坂本繁二郎旧邸 ➡️ 坂本繁二郎アトリエ ➡️ 田崎廣助美術館
運営事業者名
八女福島観光協会
営業時間
10:00~17:00確認 ただしハーモサービス利用者は、16:00までに要返却
定休日
月曜日(月曜日が休日の場合は、その翌日)、12/28~1/4
問合せ先
0943-23-4311